公演を依頼されたい方へ

★下中座に公演を依頼したい!でも・・・どうやって依頼するの??

下中座に公演をご依頼される場合は、必ず座長とご相談いただく形になります。
下中座の公演は会場の制約によって公演できなかったり、公演内容に制約が発生することがあります。あらかじめ公演会場を下見いたしますので御承知ください。
御依頼には下記お問い合わせフォームをお使いください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名(必須)

お問い合わせの種類(必須)

メッセージ本文(必須)

※下中座facebookへの御投稿も承ります。

★公演依頼にお金って掛かるの?

『1公演いくら』という決まった公演依頼料(出演料)はありません。
公演依頼料については、公演を依頼される方と座長・副座長との交渉によって決められています。

公演開催において確実に係る経費は

  • 太夫・三味線の出演依頼料・・・・太夫・三味線を自前で持たない下中座では、太夫・三味線をお勤めいただく方について義太夫協会関係者等に出演を依頼する必要があり、太夫・三味線の方々に対する出演料を含めて考える必要があります。これは出演をご依頼いただく日の調整も同じで、日程の調整のためにお時間をいただくこともありますので、多少日程的に余裕を見てお問い合わせください。太夫・三味線の方との調整は下中座で行います。
  • 輸送費・・・・下中座の公演には、人形の他にも各種大道具・小道具の類を輸送する必要があります。輸送方法は座員の車両、運輸会社の車両、宅急便の利用があります。輸送の規模は上演する演目や御希望の上演環境によって異なります。
  • 大道具運営費・・・・本格的な屋体を使用する公演をご希望の場合には、下中座が所有する屋体を運営するスタッフを座員とは別に揃える必要があります。

なお、座員は全て自費で公演会場に集まることになっています。よって、あまり遠方の公演の場合は、座員の参加状況を別に確認する必要があります。

★支払った公演依頼料はどのように使われているの?

実際に頂いた公演依頼料のうち、下中座が本当にいただく金額は、上記の経費を差し引いて残った額になります。
このお金は、座の所有する人形の首・衣装の修繕や新調、あるいは小道具、大道具の整備などに充当されています。また、座の新規事業(自主公演、後継者育成等)の資金準備として貯蓄されることもあります。
座員に分配されることはありません。より良い充実した公演になるように、全て再投資に費やされています。